読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkuchikiの日記

Linux やプログラミングについて書きます。

Deploy ツール Stretcher で Rollback する

Stretcher を使うと、Consul と連携して、所謂 Pull 型の Deploy ができるようになります。

Consul と連携させる場合は、

$ consul event -name deploy s3://xxx-stretcher-files/deploy-20151112-193139.yml

のように、consul event で Manifest の path を指定してイベントを送ると、
YAML に書いてある path(s3, http, file) から tar.gz を取得して展開してくれます。
Stretcher は Rollback するのも簡単で、
Rollback したいバージョンの Manifest の path を指定して consul event を実行するだけです。
S3 に置いている場合、都度 aws s3 ls などして Manifest の path を調べて consul event を実行するのは面倒です。

そこで、以下の様なスクリプトを用意しておくと Rollback が楽になります。

aws s3 ls の結果から最新の Manifest を除いて、
bash の select で番号で選択できるようにしています。
実行すると以下のようになります。

$ ./rollback_stretcher.sh
 1) deploy-20151112-191452.yml  14) deploy-20151029-215027.yml
 2) deploy-20151112-191236.yml  15) deploy-20151028-182546.yml
 3) deploy-20151112-190934.yml  16) deploy-20151028-175655.yml
 4) deploy-20151112-190820.yml  17) deploy-20151028-175201.yml
 5) deploy-20151112-190421.yml  18) deploy-20151028-174909.yml
 6) deploy-20151112-190254.yml  19) deploy-20151028-174155.yml
 7) deploy-20151112-190127.yml  20) deploy-20151028-171838.yml
 8) deploy-20151112-190018.yml  21) deploy-20151022-191616.yml
 9) deploy-20151112-185832.yml  22) deploy-20151022-143736.yml
10) deploy-20151112-185441.yml  23) deploy-20151022-143011.yml
11) deploy-20151112-185341.yml  24) deploy-20151022-142645.yml
12) deploy-20151112-185242.yml  25) deploy-20151022-141728.yml
13) deploy-20151110-162450.yml  26) deploy-20151022-140614.yml
Select manifest (quit q or Ctrl-C) : 1
Event ID: 7a5e80c5-27aa-973e-3328-b7093a91439f

Rollback するスクリプトを用意しておくと、
障害発生時にも落ち着いて作業ができるので良いですね。

※前提条件として、Manifest のファイル名に timestamp を含めて sort できるようにしておく必要があります。