tkuchikiの日記

Linux やプログラミングについて書きます。

zabbix-server 2.0 インストールメモ(手動編)

Vagrant で作成したVM上にchefを使わないで環境を構築した際のメモ。
メモ作成時の RPM 最新版は 2.0.6 。

yumレポジトリ追加と yum install

$ rpm -ivh http://repo.zabbix.com/zabbix/2.0/rhel/6/x86_64/zabbix-release-2.0-1.el6.noarch.rpm
$ yum install zabbix-server-mysql zabbix-web-mysql zabbix-agent zabbix-get

DB

DB設定

mysql> CREATE DATABASE zabbix CHARACTER SET utf8;
mysql> GRANT ALL PRIVILEGES ON zabbix.* to zabbix@localhost IDENTIFIED BY 'password';
mysql> FLUSH PRIVILEGES;

schema

$ mysql -uzabbix -ppassword zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.6/create/schema.sql
$ mysql -uzabbix -ppassword zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.6/create/images.sql
$ mysql -uzabbix -ppassword zabbix < /usr/share/doc/zabbix-server-mysql-2.0.6/create/data.sql

設定ファイル変更

$ vi /etc/zabbix/zabbix_server.conf

- # DBPassword=
+ DBPassword=password

zabbix-server 起動

$ service zabbix-server start
$ chkconfig zabbix-server on

nginx 設定

シンボリックリンク

ln -s /usr/share/zabbix /usr/share/nginx/html/zabbix

nginx.conf

$ vi /etc/nginx/conf.d/zabbix.conf

server {
    listen 80;
    server_name your.server.name;
    index index.html;
    access_log /var/log/nginx/zabbix_access_log main;
    error_log  /var/log/nginx/zabbix_error_log  error;

    root /usr/share/nginx/html;

    location /zabbix {
        index index.php;
    }

    location ~ \.php$ {
        fastcgi_pass 127.0.0.1:9000;
        fastcgi_index index.php;
        fastcgi_param SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
        include fastcgi_params;
    }
}

php.ini 修正

- ;date.timezone =
+ date.timezone = Asia/Tokyo

- post_max_size = 8M
+ post_max_size = 16M

- max_execution_time = 30
+ max_execution_time = 300

- max_input_time = 60
+ max_input_time = 300

設定反映

$ service php-fpm restart
$ service nginx restart

zabbix install

http://localhost/zabbix にアクセス (ドメインは適宜変更)

1. welcome
f:id:tkuchiki:20130507203804j:plain

2. check of pre-requisites
f:id:tkuchiki:20130507203819j:plain

3. check of pre-requisites list

以下の全項目OKになっている必要がある。

f:id:tkuchiki:20130507203832j:plain

4. Configure DB connection (test connection)

test connection を行う。

f:id:tkuchiki:20130507203847j:plain

5. Configure DB connection (test OK)

test connection が OK なら 「next」を押下できる。

f:id:tkuchiki:20130507203857j:plain

6. Zabbix server details

適宜、Host、Port、Nameを変更する。

f:id:tkuchiki:20130507203910j:plain

7. Pre-Installation summary

問題なければ、「Next」を押下。

f:id:tkuchiki:20130507203925j:plain

8. Install

「Finish」を押下してインストール完了。

f:id:tkuchiki:20130507203945j:plain

9. Login

Admin / zabbix
でログインできる。

f:id:tkuchiki:20130507204002j:plain

日本語化

ついでに日本語化してみる。

右上の 「Profile」を押下。

f:id:tkuchiki:20130507205254j:plain

Language を 「Japanese(ja_JP)」に変更して、「Save」を押下。

f:id:tkuchiki:20130507205341j:plain

日本語化完了。

f:id:tkuchiki:20130507205443j:plain

パスワード変更

Admin / zabbix でログインできるのはよろしくないので、
パスワードを変更する。

右上の「プロファイル」を押下して、ユーザプロファイルページへ。
「パスワード変更」を押下。

f:id:tkuchiki:20130507205850j:plain

パスワード・パスワード (確認) を入力して、「保存」を押下。

f:id:tkuchiki:20130507210044j:plain

以上で、おおまかな設定終了。

※追記

nginx, MySQL, PHP の導入方法も。
全部 yum で入れるが、なるべく新しいのを入れたいので、remi と epel, nginx 公式の repo を使う。

nginx

$ rpm -ivh http://nginx.org/packages/centos/6/noarch/RPMS/nginx-release-centos-6-0.el6.ngx.noarch.rpm
$ yum install --enablerepo=nginx nginx

MySQL & PHP

remi は epel に依存しているので、上から順に。

epel

$ rpm --import http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/epel/RPM-GPG-KEY-EPEL-6
$ rpm -ivh http://ftp.jaist.ac.jp/pub/Linux/Fedora/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm

remi

$ rpm --import http://rpms.famillecollet.com/RPM-GPG-KEY-remi
$ rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

MySQL & PHP

$ yum install --enablerepo=remi mysql-server php php-fpm

これで必要な zabbix-server を動かすのに必要なすべての環境が揃うはず。

後日、chef 編を書きたい。