読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tkuchikiの日記

Linux やプログラミングについて書きます。

RDS for MySQL と Amazon Aurora でクエリによる取得行数を取得するなら SHOW GLOBAL STATUS WHERE variable_name = 'Innodb_rows_read' を使うのが良い

WEB+DB PRESS vol.94 特集1第5章P32 で、MySQL のクエリによる取得行数を取得するには、 mysql -u root -e "SHOW ENGINE INNODB STATUS\G" | grep "Number of rows" を実行すると記載しましたが、Amazon Aurora の Reader(Read Replica) は SHOW ENGINE INNO…

AWS Lambda のスケジュールイベントで定期的に RDS の Snapshot を作成する

AWS Lambda でスケジュールイベントの設定ができるようになりました。 Amazon Web Services ブログ: 【AWS発表】AWS Lambdaのアップデート – Python, VPC, 実行時間の延長, スケジュールなど http://docs.aws.amazon.com/ja_jp/lambda/latest/dg/getting-sta…

RDS で GRANT ALL すると ERROR 1045 (28000): Access denied が出る

表題の通りエラーがでる。 調査した結果、Using "GRANT ALL" With Amazon's MySQL RDS - fidian.com で解決できた。 ありがとうございます。 GRANT ALL ON `%`.* TO ...; DB 名に % を使えば良いようだ。